Hiroshima Symphony Orchestra

文化庁委託事業「平成28年度戦略的芸術文化創造推進事業」

出演アーティスト

秋山 和慶 (指揮者) Kazuyoshi Akiyama

秋山 和慶 (指揮者)

1941年生まれ。トロント響副指揮者、アメリカ響音楽監督、バンクーバー響音楽監督(現・桂冠指揮者)、シラキュース響音楽監督、東京交響楽団音楽監督/常任指揮者(現・桂冠指揮者)、九州交響楽団ミュージック・アドバイザー/首席指揮者(現・桂冠指揮者)を歴任。
サントリー音楽賞、芸術選奨文部大臣賞、大阪府民劇場賞、大阪芸術賞をはじめ、東京交響楽団とともに毎日芸術賞、京都音楽大賞、モービル音楽賞を受賞。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。2014年文化功労者に選出。同年中国文化賞(広島)、徳島県表彰特別功労賞を受賞。2015年6月、渡邉曉雄音楽基金特別賞を受賞。
現在、広島交響楽団音楽監督/常任指揮者、中部フィルハーモニー交響楽団アーティスティック・ディレクター/プリンシパル・コンダクター、洗足学園音楽大学教授、京都市立芸術大学客員教授を務めている。

シャルル・リシャール=アムラン (ピアノ) Charles Richard-Hamelin

シャルル・リシャール=アムラン (ピアノ)

2015年ショパン国際コンクール第2位。クリスチャン・ツィメルマンプライス(ソナタベスト・パフォーマンス賞)を同時に受賞したシャルル・リシャール=アムラン。2014年、モントリオール国際音楽コンクール第2位、ソウル国際音楽コンクール第3位、同時にベートーヴェンのソナタに対する特別賞受賞。2015年トロントのウーマンズ・ミュージカルクラブより特別なキャリアアップ賞を受賞。
ポール・サルドゥレスク、サラ・ライモン、ボリス・ベルマンに師事し、マックギル大学を2011年に卒業。2013年イェール大学でマスター課程を修了し、両大学から全面的な奨学金を受けた。2016年モントリオール音楽院を卒業。ピアニスト、ジャン・サウルニエとともに後進の指導にあたっている。
2015年9月にショパン後期の作品を収録したファーストCDを発売。2016年にセカンドCDがリリース予定。
これまでにワルシャワ・フィル、モントリオール・シンフォニー、コリアン・シンフォニー、イ・ムジチ・デ・モントリオール等と共演。
2016年、日本でのリサイタル・デビュー公演は各地で絶賛された。
楽器と一体化して紡ぎだされる温かい音、謙虚で成熟度の高い演奏は、早期より世界中のメディアから絶賛されている。

海外オーケストラからの招聘演奏家

シンフォニア・ヴァルソヴィアSinfonia Varsovia orchestra

スタニスワフ・ポデムスキ (ヴァイオリン奏者)

ヴァイオリン奏者
スタニスワフ・ポデムスキ

Stanisław Podemski , Violin

アンジェイ・クシェザノフスキ (フルート奏者)

フルート奏者

アンジェイ・クシェザノフスキ

Andrzej Krzyżanowski, Flute

モントリオール交響楽団ORCHESTRE SYMPHONIQUE DE MONTRÉAL

アリ・ヤズダンファー (コントラバス奏者)

コントラバス奏者
アリ・ヤズダンファー

Ali Yazdanfar, Contrabass

ジョン・ザーベル (ホルン奏者)

ホルン奏者

ジョン・ザーベル

John Zirbel, Horn

広島交響楽団HIROSHIMA SYMPHONY ORCHESTRA

広島交響楽団

国際平和文化都市“広島”を本拠地とし、中・四国を代表するプロオーケストラ広響は、1998年に秋山和慶が首席指揮者・ミュージックアドバイザーに就任し、2004年から音楽監督・常任指揮者を務めている。現在は年10回の定期演奏会、呉・福山・廿日市・島根での地域定期やディスカバリー・シリーズをはじめ、依頼公演や学校コンサート、巡回コンサートなど年間約140 回を超える演奏活動を行っている。これまでに「広島市政功労賞」「広島文化賞」「広島ホームテレビ文化賞」「地域文化功労者賞(文部大臣表彰)」「第54回中国文化賞」「第17回県民文化奨励賞」「第5回国際交流奨励賞」「文化対話賞(ユネスコ)」「広島市民賞(2013年度)」を受賞。

本事業を広く世界に向けて発信するために、国内外のジャーナリストを招聘しています。

■ロバート・マーカウ (カナダ) Robert Markow

■ロバート・ツェザリー・パガッシュ (ポーランド) Robert Cezary Pagacz

■ヤヌシュ・マリノフスキ (ポーランド) Janusz Marynowski

■萩谷由喜子 (日本) Yukiko Hagiya