Hiroshima Symphony Orchestra

文化庁委託事業「2020年度戦略的芸術文化創造推進事業」

出演アーティスト

指揮:下野 竜也 Tatsuya Shimono / Conductor

下野 竜也

広島交響楽団音楽総監督(2017年4月〜)、広島ウインド・オーケストラ音楽監督(2011年1月〜)。 鹿児島生まれ。2000年東京国際音楽コンクール<指揮>優勝と齋藤秀雄賞受賞、2001年ブザンソン国際指揮者コンクールの優勝で一躍脚光を浴びる。
国内の主要オーケストラに定期的に招かれる一方、ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管、チェコフィルハーモニー管、シュツットガルト放送響、シリコンバレー響など国際舞台での活躍が目覚ましい。
これまでに読売日本交響楽団初代正指揮者、同首席客演指揮者、京都市交響楽団常任客演指揮者、同常任首席客演指揮者を歴任。
京都市立芸術大学音楽学部指揮専攻教授、東京音楽大学吹奏楽アカデミー特任教授、東京藝術大学音楽学部指揮科非常勤講師として後進の指導にもあたる。
太鼓芸能集団「鼓童」ミュージックアドバイザー。
鹿児島市ふるさと大使。おじゃんせ霧島大使。
公式ホームページ http://www.tatsuyashimono.com/

ピアノ:マルタ・アルゲリッチ Martha Argerich/Piano

マルタ・アルゲリッチ

アルゼンチンのブエノスアイレス出身。
1957年のブゾーニおよびジュネーヴの国際コンクール、そして1965年のショパン国際コンクールで優勝。以後ヨーロッパ、日本、アメリカにて世界一流のオーケストラや指揮者、音楽祭などから頻繁に招かれているほか、室内楽にも取り組んでいる。1996年、フランス政府より芸術文化章オフィシェを受賞、1997年にはローマ・サンタ・チェチーリア協会員に任命される。2001年、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ国際賞が贈られた。日本では「高松宮殿下記念世界文化賞」(2005年)および旭日中綬章(2016年)アメリカでは「ケネディ・センター名誉賞」(2016年)、イタリア政府よりコメンダトーレ勲章(2018年)を受章している。2015年広島交響楽団の「平和音楽大使」に就任。1998年より「別府アルゲリッチ音楽祭」総監督、1999年、「マルタ・アルゲリッチ国際ピアノコンクール」をブエノスアイレスで創設。2002年6月、スイスのルガーノで「マルタ・アルゲリッチ プロジェクト」を開催、2018年よりハンブルグで新しくアルゲリッチ・フェスティバルを始めた。

ソプラノ:ニコール・カベル Nicole Cabell/Soprano

ソプラノ:ニコール・カベル

米カルフォルニア州出身。2005年BBCカーディフ国際声楽コンクールで優勝、一躍世界から注目を集め、翌年BBCプロムスやロイヤル・オペラ、ベルリン・ドイツ・オペラにデビューした。これまでにジュネーブ大劇場、アトランタ、シンシナティ、東京(新国立劇場)、パリなどの歌劇場で主要オペラのタイトルロールを歌っている。バレンボイム、デュトワ、プレヴィン、ウェルザー=メースト、マズアほか多数の指揮者のもと、欧米の一流オーケストラと共演し、ベートーヴェン「交響曲第9番」はデュトワ指揮ボストン交響楽団、マズア指揮ボストン交響楽団などと共演している。Deccaに録音したソロアルバム「Soprano」 はショルティ賞2007と英グラモフォン・エディター・チョイス賞を受賞した。プッチーニ「ラ・ボエーム」の映画版(2009年12月放映)では、ネトレプコと共に出演している。
Website:www.nicole-cabell.com

アルト:藤村 実穂子 Mihoko Fujimura/Alto

藤村 実穂子

ヨーロッパを拠点に国際的な活躍を続ける、日本を代表するメゾ・ソプラノ歌手。 主役級としては日本人で初めてバイロイト音楽祭にデビューし、フリッカ、クンドリ、ブランゲーネ、ワルトラウテ、エルダの各役で、9年連続出演し絶賛を浴びる。ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、ロイヤル・オペラハウス・ロンドン、ミュンヘン国立歌劇場などの各歌劇場及び、ティーレマン、アバド、メータ、エッシェンバッハ、ハイティンク、シャイ―等の著名指揮者や、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ゲヴァントハウス管弦楽団等の一流オーケストラと共演を重ねている。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院、およびミュンヘン音楽大学大学院修了。出光音楽賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞、エクソンモービル音楽賞、サントリー音楽賞、紫綬褒章の各賞を受賞。

テノール:アルノルト・ルトコフスキ  Arnold Rutkowski/Tenor

アルノルト・ルトコフスキ

ポーランドのウッチに生まれたアルノルト・ルトコフスキはパリ国立オペラ、英国ロイヤルオペラ、ベルリン国立歌劇場、チューリヒ歌劇場、ハンブルク州立歌劇場、ドレスデン・ゼンパーオパー、ジュネーブ大劇場、ボリショイ劇場、スウェーデン王立歌劇場、シドニー・オペラハウス、エクサン・プロヴァンス音楽祭などに出演し、国際的活動が評価されている。最近ではシュトゥットガルト歌劇場やケルン歌劇場でカルメンやカヴァレリア・ルスティカーナなどに出演している。ウッチ市音楽院で音楽を学んだ後にいくつかの声楽コンクールに入賞、2009年プラシド・ドミンゴ国際オペラ声楽コンクールでCultur Arte 賞を受賞した。2014年7月のエクサン・プロヴァンス音楽祭へのデビューでは、テオドール・クルレンツィス指揮ピーター・セラーズ演出によるチャイコフスキー「イオランタ」に出演した。

バリトン:トーマス E. バウアー Thomas E. Bauer/Bariton

トーマス E. バウアー

トーマス E. バウアーは最も人々を魅了する声楽家の一人だと批評家、聴衆から絶賛されている。広響、名フィル、ボストン響、ミラノ・スカラ座フィル、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、ワシントン・ナショナル響で、ハイティンク、アーノンクール、メータ、ブロムシュテット、シャイー、ノリントン、ガーディナーなどの卓越した指揮者とも共演している。最近では、エルプフィルハーモニー・ハンブルクのオープニングコンサートでケント・ナガノ指揮による世界初演となるイェルク・ヴィトマンのオラトリオ「ARCHE」に出演し話題となった。歌曲でも多くの成功を収めており、オペラでは、ミラノ・スカラ座で「兵士たち」にも出演している。世界初演作品も数多く歌っており、シュナイダー・ショット音楽賞を受賞。幼少期はレーゲンスブルク大聖堂聖歌隊として音楽教育を受け、ミュンヘン音楽・演劇大学にて声楽を学んだ。

合唱:東京オペラシンガーズ Tokyo Opera Singers/Chorus

東京オペラシンガーズ

1992年小澤征爾指揮、蜷川幸雄演出で話題を呼んだ歌劇「さまよえるオランダ人」の公演に際して、世界水準の合唱をという小澤征爾の要請を受け、東京を中心に活躍する中堅、若手の声楽家によって組織された。当公演の合唱は圧倒的な成果を上げ、その評価により、第1回サイトウ・キネン・フェスティバル、バイエルン国立歌劇場日本公演に招聘され、再び高い評価を得た。「セイジ・オザワ・松本フェスティバル」「東京・春・音楽祭」を活動の中心に置くほか、ウィーン・フィル、シカゴ交響楽団など多くの著名オーケストラの来日公演に出演。99年にはエディンバラ音楽祭に出演。近年、中国からの招聘が続き、2018年10月に上海国際芸術祭、19年3月に上海交響楽団演奏会、20年1月北京国歌大劇院第九コンサートに出演。

ハノーファー・ヨハネス・ブラームス合唱団 Hannover Johannes Brahms Choir

ハノーファー・ヨハネス・ブラームス合唱団は1984年にグドゥルン・シュレーフェル女史と故ルートヴィヒ・ルット氏によって創設された。プロの歌手と合唱経験を積んだ音大生の双方および研修生から成り立っている。ニーダーザクセン州やドイツ国内の合唱コンクールにたびたび入賞し、エヒョークラシック賞も受賞した。合唱団は主にルネサンスから現代(世界初演を含む)の高度なアカペラ作品の演奏をめざしている。またハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに招かれ、ラジオやテレビの収録が行われている。昨年は7月のハノーファーの北ドイツ放送クラシック野外音楽祭でマスカーニとレオンカヴァルロを、そして11月にはハノーファーマルクト教会でブリテン、ブルックナー、ブラームスの作品を演奏した。

広島交響楽団 Hiroshima Symphony Orchestra

広島交響楽団

 国際平和文化都市“広島”を拠点に、‟ Music for Peace ~ 音楽で平和を ” を旗印として活動するプロオーケストラ。2017年より下野竜也が音楽総監督を務め、その意欲的な音楽づくりが注目を集めている。 クリスティアン・アルミンクが首席客演指揮者、秋山和慶が終身名誉指揮者を務めるほか、ウィーン・フィル、コンサートマスターのフォルクハルト・シュトイデをミュージック・パートナーに、細川俊夫をコンポーザー・イン・レジデンスに迎えている。また、ピアニスト、マルタ・アルゲリッチには2015年の「平和の夕べ」コンサートでの共演をきっかけに広響「平和音楽大使」の称号を贈り、相互に平和を希求する音楽活動を続けている。
1963年「広島市民交響楽団」として設立、1970年に「広島交響楽団」へ改称。
学校での音楽鑑賞教室や社会貢献活動にも積極的に取り組み、地域に根差した楽団として「広響」の愛称で親しまれる。1991年の「国連平和コンサート」(オーストリア)での初の海外公演以降、チェコ、フランス、ロシア、韓国、そして2019年8月にはポーランド・ワルシャワでの「ショパンと彼のヨーロッパ音楽祭」に招かれ、ヒロシマのメッセージを音楽で海外へも発信。高い評価を受けた2017年の下野竜也の就任披露のブルックナー:交響曲第8番の音源配信に続き、2019度、新たに下野とのブルックナー:交響曲第5番のCDもリリースした。
「文化対話賞(ユネスコ)」「広島市民賞」ほか受賞歴多数。

これまでの出演アーティスト