広島交響楽団 HIROSHIMA SYMPHONY ORCHESTRA

お問い合わせはこちら 082-532-3080 受付時間9:00~17:20

楽団紹介

HOME >  楽団紹介 >  プロフィール >  コンサートマスター 佐久間聡一|コンサートミストレス 蔵川瑠美

プロフィール

広島交響楽団
音楽総監督 下野竜也 首席客演指揮者 クリスティアン・アルミンク
ミュージック・パートナー フォルクハルト・シュトイデ 終身名誉指揮者 秋山和慶
名誉音楽監督 井上一清 名誉音楽監督 渡邉曉雄
平和音楽大使 マルタ・アルゲリッチ
コンサートマスター 佐久間聡一 コンサートミストレス 蔵川瑠美
第一コンサートマスター 佐久間聡一
佐久間聡一

1982年山形県出身。
幼少よりヴァイオリンを始め、桐朋学園子供のための音楽教室仙台分室を経て山形東高等学校から桐朋学園大学へ進む。10代から演奏活動を始め、ソロ・室内楽はもとより、日本青少年オーケストラ、桐朋学園オーケストラにて早くからコンサートマスターとして活躍する。
 桐朋学園在学中より新日本フィルハーモニー交響楽団の契約団員を務め、その後、大阪フィルハーモニー交響楽団の首席奏者となる。2012年3月、大阪フィル退団後にドイツへ渡る。ハノーファーにてUlf Schneider教授の下で研鑽を積むほか、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメンに客演。帰国後、オーケストラへの客演をはじめ全国各地で公演や録音を行うかたわら、《幼少期からの音楽体験プロジェクト》など、乳幼児が音楽に触れやすい機会の創出にも力を注ぐ。
 2014年4月、広島交響楽団・第一コンサートマスターに就任。その他、「昴21弦楽四重奏団」「エレメンツ・ストリング・カルテット」「アウラス・トリオ」での活動を中心に、年間数多くの室内楽コンサートに出演するほか、「東京・春・音楽祭」など国内の主要な音楽祭にも招かれる。また、CD録音も数多く2016年には通算7枚目となるアルバム、『 die Liebe 6 Schumann und Brahms Nr.3 』(KONTA Inc.)の発売が予定されている。
 これまでに中新田バッハホール音楽コンクール小学生の部第1位、第23回霧島国際音楽祭特別奨励賞(サントリー賞)ならびに優秀演奏賞受賞。
 使用楽器:C.G.テストーレ 1703  ex ヴィルヘルミ

コンサートミストレス 蔵川瑠美
蔵川瑠美

1986年大阪生まれ。
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部卒業、同大学院入学。
2008年 東京芸術大学モーニングコンサートに出演し芸大フィルハーモニアと共演、2009年日本センチュリー交響楽団アシスタントコンサートミストレス就任、2011年NHK FM放送名曲リサイタルに出演。同年より、楽しいお話で音楽を更に楽しくというコンセプトで「The music palette」と題したコンサートを企画、開催している。2011年、アフィニス夏の音楽祭広島、2012年同音楽祭山形に参加。大阪クラシックや豊中まちなかクラシックにおいて、ヴィヴァルディの四季全曲演奏等、室内楽で多数出演。
広島交響楽団コンサートマスターのオーディションに合格し、2014年6月より同団コンサートミストレスに就任。
ヴァイオリンを岡山潔、ジェラールプーレ、松原勝也の各氏に師事。

広島交響楽団事務局

〒730-0842 
広島市中区舟入中町9-12舟入信愛ビル3F
TEL:082-532-3080
FAX:082-532-3081
お問い合わせ・資料請求はこちら